メンタルマネジメント

怒りのコントロールのコツは?その1:怒りの性質を学ぼう(アンガーマネジメント)

投稿日:2018年8月17日 更新日:


素材提供元:イラストダウンロード

怒り・・・
なかなかコントロールするのが難しい感情です。

日常でイライラしたり、場合によってはキレてしまったり・・・
誰でも一度は経験していると思います。

昨今では、「アンガーマネジメント」という学問もあるように、
「怒りのコントロール」は多くの人たちに必要とされています。

今回の記事では怒りについて、
「怒りの性質について学ぼう」
というテーマで掘り下げていこうと思います。

スポンサードリンク

1.怒りで得する事、損する事
「怒り」を表に出した時、得した事・損した事をそれぞれ思い浮かべてください。

得した事
「子供が言う事を聞いてくれた」
「お店が料金をサービスしてくれた」

損した事
「その場の雰囲気が悪くなった」
「怒ったお店に行きづらくなった」

・・というような感じで、それぞれメモしてみましょう。

やってみると解るのですが、

「怒りで得するのは一時的な事が多い」
のです!!
その場は自分の思うようにコトが進む事もあるでしょう。
しかし、根本的には解決しない場合が殆どです。

2.問題となる4つの怒り
更に怒りについて、特に問題となる4つのパターンを押さえていきましょう。

・頻度が高い:とにかくいつもイライラ・カリカリしている。
・強度が強い:ちょっとした事でも激高する。
・持続する:昔の事にいつまで経っても怒っている。根に持つ。
・攻撃性を持つ:物や人に当たる。

・・・身に覚えのある方はいませんか?
これらは、特にマイナス面の多い怒りのパターンです。
思い当たる場合は、周りに迷惑をかける怒り方をしている可能性大です!!
⇒怒りをコントロールするスキルを覚える事が必須!!

3.怒りの性質
次に、怒りの性質についての紹介です。

怒りは、
「高い(強い)所から、低い(弱い)」所へ流れる。
上司⇒部下、大人⇒子供、夫⇒妻 など、立場や力関係の高低が、そのまま怒りのベクトルになるケースが多いです。

「身近な対象ほど強くなる」
親子、夫婦など、「相手をコントロールできる」と思っているような近しい関係になればなるほど、怒りというのは強く発現します。

「伝染しやすい」
一人イライラしてる人がいると、周囲にそのイライラが移りやすいという習性があります。

「エネルギー源にもなる」
これは良いパターンです。
「見返してやる!」という感じで、次へつながるエネルギーとなる場合もあります。

4.怒りは第二感情
実は怒りというのは、「痛い」「悲しい」「疲れた」など、
何か負の感情が起きたことに対する「反応」なのです。
以前にご紹介した、「ストレス」の話にも通じてきますね。
↓過去記事はコチラ
ストレスの種類とは?解消法、上手な付き合い方について

5.アンガーマネジメントとは?
さてさて、ようやく本題です・・・
巷では、「アンガーマネジメント」というものが流行しています。
これは、
「怒る事と怒らない事の区別をする」
「適切な方法で怒る事が出来るようになる」
という事を目的に作成されたメソッドです。

なんとなく、「仙人みたいに全く怒らなくなる」というイメージがありそうですが、そうではありません。
例えるなら・・・
「アレルギー反応を抑える」
「アレルギー体質を治す」
といった所でしょうか。

このスキルを活用できるようになれば、「怒りで失うもの」は最小限で済ませる事ができます。

6.まとめ
如何でしょうか?
今回の記事では、怒りの分類や種類、性質について紹介をさせて頂きました。
次回以降は、怒りのコントロール方法について学んでいきたいと思います。

私も絶賛勉強中ですので、随時シェアさせて頂こうと思っていますのでお楽しみに!!

↓漫画で勉強するのも取っつきやすくて良いですよ!!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

○×まんがでスッキリわかる もう怒らない本 [ 安藤 俊介 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/8/17時点)

 

-メンタルマネジメント

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ストレスの種類とは?解消法、上手な付き合い方について

皆さんこんにちは! ストレス・・・ 縁のない方はそうそういないでしょう。 皆さん悪いイメージをお持ちの「ストレス」ですが、 実は人間が成長していく上では必要不可欠なモノだったりします。 この記事では、 …

ロングスリーパーな有名人はこんなにいる!早死にするって本当?3つのデメリットを紹介!

スポンサードリンク 皆さんこんばんは! 現在4:00前です。土曜日(明けて日曜日)です。 ワタクシMarcは土日が休みなのですが、死んだんじゃないか?と思うくらい過眠してしまうクセがあります。 今日は …

低気圧で頭痛が・・気象病に対処する5つの方法!!

スポンサードリンク  長い梅雨が続く毎日ですが、皆様いかがお過ごしですか?ワタクシは折角購入したバイクにも乗れず、日々悶々としております。 とりあえず撮影会w#バーグマン125 pic.twitter …

女性のお酒の適量は?男女差はあるの?依存症になりやすいのは?

本日は、「アルコールの男女差」について紹介したいと思います。 平成以降、女性の社会進出(既に死語ですね)が進み、男女問わず「付き合いの飲み会」に参加したり、 「女子会」という名目で、女性だけで飲み会を …

【実践編1:呼吸瞑想】マインドフルネスって?やり方は?寝ながらでも効果はあるの?

こんにちは! 前回の記事では、 「マインドフルネス」の概要について紹介させて頂きました。 【基礎知識編】マインドフルネスって?やり方は?寝ながらでも効果はあるの? ~おさらい~ ・マインドフルネスとは …