スマホ・インターネット 商品レビュー

WiMAXのサービス終了から今後のモバイルインターネットを考えてみる

投稿日:

スポンサードリンク

先日こんなニュースが掲載されました。

UQ、WiMAXサービスを2020年3月末で終了

UQコミュニケーションズ株式会社は9月3日、WiMAXサービスを2020年3月31日に終了すると発表した。これに先立ち、WiMAXサービスの新規加入の申し込み受付も2018年9月30日に終了する。

 現在、同社が保有する50MHzの周波数帯のうち10MHzをWiMAX、20MHz+20MHzをWiMAX 2+サービスに割り当てているが、周波数の有効利用を目的とし、WiMAXで使われている10MHzをWiMAX 2+に割り当てるため、WiMAXサービスを終了する。
出典:PC Watch

一瞬「おいまじかよ!!?」と目を疑いましたが、「WiMAX」の電波が停波するだけで、
ルーターのサービスが無くなるわけではありませんでした。
最近すっかり「格安スマホ屋さん」になっちゃってたので、まさか・・と思いました。あーびっくりした。

そんな訳で、今日は
「WiMAXのサービス終了から今後のモバイルインターネットを考えてみる」
と、ちょっと論文っぽい題名でお送りします!!

スポンサードリンク

<目次>
1.WiMAXって?

2.モバイル通信を普及させたWiMAXとEMOBILE

3.WiMAXの一人勝ち。WiMAX2+への移行

4.今後のモバイル通信の展望は?

5.まとめ

スポンサードリンク

1.WiMAXって?

WiMAX(ワイマックス)は、モバイルルーターでナンバーワンのシェアを誇っています。
UQコミュニケーションズという、KDDI出資の会社がサービスを提供しています。

*厳密に言うと、「UQコミュニケーションズと、そのMVNOがサービス提供」なのですが、ここでは割愛します。
↓MVNOに関してはコチラの記事をご参照くださいませ。
(2/3)格安SIM 格安スマホはどこがお得?ドコモ au softbankと何が違うの?MVNOって何?

因みに、Wikipediaにはこのように書いてあります。

モバイルWiMAX(モバイル ワイマックス、Mobile Worldwide Interoperability for Microwave Access)とは、移動体通信を想定した無線ネットワーク・システムの規格の1つである。最初の規格は、第3.9世代移動通信システムの一つで、2005年12月に、電気通信に関する国際的な標準化団体であるIEEEで、IEEE 802.16e-2005として規格が定められた。後継規格はWiMAX2とも呼ばれ、第4世代移動通信システムの一つで、2011年3月31日にIEEE 802.16mとして規格が定められた。
出典:Wikipedia

はい、わけわかんないですねw

超簡単に説明すると「WiFiの凄いやつ」がWiMAXです(簡単すぎ汗)
対してLTEと言われるスマホの電波は「ケータイ電波の凄いやつ」です。

つまり・・・
WiMAXは、元々インターネットに特化した電波なので、外でインターネットするのに最適
なのです。
2009年7月に商用サービスがスタートし、エリアの拡大と、量販店を中心としたキャンペーンの展開。
さらにTVCMの人気により知名度を上げ、爆発的に普及していきました。

↓なつかしい!

スポンサードリンク

2.モバイル通信を普及させたWiMAXとEMOBILE

さて、WiMAXの普及前に一大勢力を誇っていたのが、
EMOBILE
です。

ネットブック(軽量PC)とのセット販売、いわゆる「¥100PC」によって勢力を拡大。
当時はドコモ・au・ソフトバンクに次ぐ「第4のキャリア」としてスマホも販売していましたが、メインはモバイル通信でした。

↓板野友美さんのCMも話題に

そこにガチンコで勝負してきたのが、KDDI系のUQという訳です。
*人はこれを「第一次UQ・EM戦争」と呼びます。

スポンサードリンク

3.WiMAXの一人勝ち。WiMAX2+への移行

そんな小悪魔板野でも、ガチャピンムックには勝てず・・・
ではなく、元々モバイル通信に特化していた事で、サービスに優位性のあったWiMAXが勝利。
モバイルルーター業界ではまさに「一人勝ち」状態となりました。

対するEMOBILEは、ソフトバンクに買収され消滅。現在はワイモバイルとして、ソフトバンクの格安スマホ部門となっています。
*そして現在格安スマホ部門で、「第二次UQ・EM(YM)戦争」が勃発中です。

UQはサービス向上の為、「WiMAX2+」という新しい規格でサービスを開始。
現在では、なんと最大758Mbps(下り)という速度を実現しています!!

固定のインターネットが1Gbps(約1,000Mbps)が多いので、無線でその速さは驚愕です!!

4.今後のモバイル通信の展望は?

最後に、今後のモバイル通信の展望について、筆者の考えを記載させていただきます!

・固定回線との垣根がなくなる
前述の通り、既に固定のインターネットとモバイル通信は、速度の面で殆ど変わらないレベルまで来ています。
2020年の東京オリンピックまでに、通信のインフラもどんどん良くなっていくと予想されますので、
この頃には、固定とモバイルの垣根は無くなると思います。
固定電話⇒携帯電話の流れと同様に、「一家に一台」から「一人一台」の時代となるでしょう。

・スマホとの垣根がなくなる(?)
WiMAX2+の「+」って何なのか?に答えがあります。
これは「ちょっとだけ携帯の電波に寄せたよ」という意味です。

元々「WiMAX2」という規格があったのですが、TD-LTEというスマホの規格に互換性を持たせる為に、少し変えたのが「WiMAX2+」です。
なので、1枚のSIMカードで、WiMAXとauLTEが使えたりするワケです。

LTEの次の規格が「LTE Advanced(いわゆる5G)」なので、ココにも互換がある筈です。
そうすると、「5G+WiMAX」という夢のスマホの誕生も近いうちに実現するかも!?

・格安スマホ+ルーターという選択が主流になりそう
私はコチラをオススメします!
「餅は餅屋」ではないですが、

通話など⇒スマホ
インターネット⇒タブレットやPCで、ルーター経由

と、用途に応じて持つのが主流になると思っています。

UQブランドだと、
スマホ:¥1,980
ルーター:¥4,380
で持てますので、今のスマホ代と大して変わらず、インターネットがサクサク使えます。
しかもルーターは月間の容量制限はありません!!
テザリングだと電池持ちも悪くなるので、この持ち方が主流になる筈!!!

スポンサードリンク

5.まとめ

如何でしょうか?
最後ちょっと宣伝っぽくなりましたが・・
インターネットはどんどん進化しています。特にオリンピックまでの期間は、急激な技術革新が予想されます。
皆さんワクワクしてその時を待ちましょう!!

スポンサードリンク

-スマホ・インターネット, 商品レビュー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

炭酸水メーカー比較!悩んだ挙句ソーダストリームにした理由を教えます!!

スポンサードリンク 2018年もそろそろ終わりますが、私が今年購入した中で一番のヒット商品は間違いなくコチラ!!! ソーダストリーム Genesis v2(ジェネシス v2) スターターキット <炭酸 …

ビタフル(VITAFUL)買ってみた 気分転換&禁煙にはオススメ!栄養素摂取は微妙??

 私はタバコを辞めて8年程経過しているのですが、こんなモノを発見したので購入してみました。ポイントが貯まっていたのでちょっとした話のネタに・・・ 『VITAFUL ビタフル 1個』メール便発送 電子タ …

札幌ノンアル放浪記☆海鮮からの味噌ラーメンで満腹中枢ぶっ壊れ!

スポンサードリンク アル中病棟日記記事一覧はコチラ さて、絶賛全国ツアー2DAYSが無事に終了致しました! お蔭さまでノンアル生活が続いていますが、本日は仕事終わりに打ち上げへ!! 宿泊しているホテル …

(3/3)格安SIM 格安スマホはどこがお得?ドコモ au softbankと何が違うの?MVNOって何?完結編!!

皆さんこんにちは! 格安スマホ編・・・いよいよ(やっと)完結編です。 ↓前回の記事はコチラ! (2/3)格安SIM 格安スマホはどこがお得?ドコモ au softbankと何が違うの?MVNOって何? …

マツコも食べた水戸の「そぼろ納豆」が旨すぎる!この為だけに水戸に行っても良いレベル!!

 水戸と言えば水戸黄門。それも間違いではありません。じゃあ食材は??そう。納豆です。好き嫌いのある食材ではありますが、大豆イソフラボン始め、タンパク質・食物繊維・ナットウキナーゼなどなど・・・健康に良 …