アル中病棟日記

【アル中病棟日記00】私が断酒に拘る理由 アルコール依存性という病になるまで。

投稿日:2018年9月27日 更新日:

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク

さてさて皆様。

このブログを始めて約2か月。
本日、無事退院することが出来たので報告です。

お酒についての情報を色々と書いてきましたが、
実は本日まで、アルコール依存性の治療を受けていました。

今までの記事と並行して少しずつ、
毎日書いていた手書きの日記を元に、

「アル中病棟日記」

を書きたいと思います。

写真もほぼ毎日撮っていたので、可能な限り掲載します。
*プライバシーには勿論配慮します。

お酒の怖さと、それに負けてしまった私の記録。
そしてそこから回復する過程を、
自戒の為、同じ病気のみんなの為、少しでも世間の理解が深まる為に・・・

本日は序章という事で、私の飲酒履歴書を公開します。
需要があるか解りませんが・・・

↓基本、吾妻ひでおさんのように、明るく書こうと思います。

スポンサードリンク

<目次>
1.私の飲酒履歴書(学生時代)

2.私の飲酒履歴書(社会人前半戦)

3.私の飲酒履歴書(酒量が増えて入院・・・)

4.まとめ

スポンサードリンク

1.私の飲酒履歴書(学生時代)

私が初めてお酒を飲んだのは・・確か中学生くらい。
地元のお祭りで友達と遊んでいたら、そいつがどこからかお酒を買ってきてて、
「お前も飲む?」と少し貰ったのが多分初めて。

確か、「カクテルパートナー」っていうビンのやつだったと思う・・・

高校生の時は、体育祭やらの打ち上げで、クラスで集まって飲んでみたりしていました。

それから大学生になってテニスサークルに入ったのですが、ココがいわゆる「飲みサー」でした。
この4年間で、「酒は潰すか潰れるか」という英才教育を受けてしまった訳です。

自分で言うのもアレですが、お酒もテニスも強かったので、昼間はテニス、夜は飲みで仲間を潰しまくっていました。

スポンサードリンク

2.私の飲酒履歴書(社会人前半戦)

そんな私もちゃんと就職が決まり社会人に。
最初は飲食の正社員でしたが、1年程度で退職。

その後入社した大手企業が、超体育会系の営業会社。
今じゃ考えられませんが、酔っぱらって全員脱がされる(男だけね)なんてことは日常茶飯事・・・

そこでも持ち前のアルコール能力を発揮し、しっかり中心メンバーに。
成績も良かったのですぐに管理職に。その後新規事業に抜擢されたり、超大手の取引先に出向したり色々ありましたが、
全部「飲みにケーション」で乗り切って参りました。

10年程勤めた後、出向先の元上司(飲み仲間)から引っ張られて転職。
しかしそこで悲劇が待っていました・・・

スポンサードリンク

3.私の飲酒履歴書(酒量が増えて入院・・・)

転職先では、元上司が役員をしていたのですが、社長が私より年下のベンチャー企業。
管理部門の責任者として入社したのですが、まぁその社長がひどい有様でして。

私の前任者に対して、「死ね」「クズ」等の罵声は日常茶飯事。
ちょっとミスったら、「いまから『申し訳ございません』と一万回言え。」とか言い始める始末。

私もそれなりに修羅場はくぐってきたつもりでしたが、まさかこんなのが存在するとは・・・という感じでした。
そして私の入社直後に、私を引っ張った元上司が、社長と喧嘩して辞めてしまい、前任者も引き継ぎ途中でいなくなり・・・

10年以上勤務した会社を一念発起して辞めたのに、直後お先真っ暗という・・・
私のリサーチが甘かったと言えばそれまでですが、信頼していた人にも裏切られたストレスから、酒量が増えてしまいました。

徐々に周りに相談する事も無くなり、一人でお酒で誤魔化すようになってきます。

スポンサードリンク

そしてある時クズ社長から、
「1か月程出張にいってくれ」とオファーがありました。

罵詈雑言を隣で聞いているより良いか・・と思いOKしますが、ちょっと嫌な予感。

的中します。

出張のミッションは、クライアントの「ある事業所」の売り上げのV字回復。
そのクライアントが扱っている商品は結構複雑で、売るにはかなりの知識が必要です。

ですが、社長はクライアントに

「東京で売上ナンバーワンの人材が行きます!!」
と言っている事が判明。

・・・はい。私それ売った事ないし、知識もお客さんレベルしか無いよ。

「お前なら何とかなる!!」という訳の分からない励まし(無茶ぶり)で取り合えず行きますが、売るとか以前の問題。
まず専門用語が全くわからん。値段も売り方もよくわからん。
しかし現場の人たちは、オレが東京ナンバーワンだと思っているから誰にも聞けない。

例えるなら、
サッカーやった事ないのに、「セリエAで活躍してます!」と言われて来日した感じ。
なのに「オフサイドってなに?」とか聞けないよね・・・

よくよく聞いてみれば、業界未経験の人が初契約を取るまで、通常半年かかるらしい。
私の目標は、赴任初日から1日3件だって。まじかよ。

最初の数日は全然契約が取れず、社長から罵詈雑言を浴びる状態。
勿論弁解しても「そんなの言い訳だ!!」「気合いで何とかしろ!!」と何のロジックも無い根性論・・・

今だから言えますが、クライアントからとんでもない額を出させていたみたいです。
なにせ東京ナンバーワンですからね・・・
その売り上げは社長の懐に入って、夜な夜な女の子のお店に消えていくという・・・

私は出張先で友人もいないし、土地勘も無いので、日々悶々とした気持ちを、ホテル近くのコンビニで買った酒で流す毎日。
もちろん経歴詐称で来てる事なんて、誰にも言えません。

この辺から私の思考は完全にドツボにハマっていきます。

でもやりましたよ。私の超絶営業センス(自分で言うな)で、数日後から毎日1日3件。

しかし社長からは「出来るんだったら最初からやれよ!!」「最初の数日分、実績悪いから料金値引けって言われちまったよ!責任取れ!!」「1日3件じゃマイナス返せねえよ!!」と引き続き罵詈雑言。休日返上でマイナスを返す事になりました。

いやー、やってもやっても達成感がないのって、こんなに辛いんだなー・・と、この時初めて知りましたよ。

若いころは、上司に灰皿投げられたり、深夜に「電気がついてるオフィス全部回ってこい!!」って言われたりしてたけど、
無理難題をクリアした時は、「よくやったな!」と言って飲みに連れて行ってくれたりしてたもんな・・・

因みに2日程、
「大阪で10年以上やってるベテラン」
という人が応援で来ましたが、1件も契約取れずに帰りました。

俺すごいよね?誰か褒めて!!

そんな中、酒量は多くなるも実績は取れるようになりました。
ある程度落ち着いたと思った矢先。
確か15連勤くらいした時だったかな。

起床すると、布団が寝汗でびっしょり。体の震えとよくわからない不安感が身体を襲います。
なんでか解りませんが、布団から起き上がれません。頭はパニック。

「取り敢えず今日は休もう」

そう思って社長へ連絡。案の定罵詈雑言。
その時初めて、私の中で何かの糸が切れました。

「もう限界です。東京に帰ります。」

そう言い残して電話を切り。ホテルを出て新幹線の駅まで歩きます。
電車が無いエリアなので歩くしかなかったのですが、大体5時間ほど歩いたでしょうか・・・

イマイチ記憶が定かではありませんが、途中のコンビニでお酒を買って飲みました。多分。
クズ社長には「少し休みをください」と一方的に言った気がします。

その後帰宅するものの、ほぼ寝たきり状態に。
仕事を途中で投げ出した事への罪悪感もあり、それを消す為に酒を煽る毎日。

心身ともに最悪の状態になりましたが、どこからか状況を聞きつけた両親が助けに来てくれました。
そして、先ずお医者さんに行こう・・という事になり、アルコール系で有名な病院を予約して受診。

そこで医師から、「アルコール依存症です。入院治療が必要です。」と宣告を受けます。
ここから私の入院生活が始まる訳です・・・

スポンサードリンク

4.まとめ

長文をお読み頂き、ありがとうございます!!
いやー・・今だから客観的に書けますが、最後の方は本当に死ぬと思っていました。

ここからどうやって回復してくのか、完全ノンフィクション(多少の脚色はあるかも)でお送りして参ります!!

次回から入院時の日記を転載していきます。
取り敢えず1日分を1記事にする予定ですので、乞うご期待!!

ランキングに参加しています。
↓こちら↓クリックして頂けると嬉しいです!!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

-アル中病棟日記

執筆者:


  1. toomoo より:

    アル中病棟日記読ませて頂きました。
    私も多分アルコール依存症です。
    病院で見てもらおうと思っています。
    入院できたらしたい…でも費用が無い…
    通院でやってみようと思います。

    後、もの凄い意志の強い方だなって思いました。
    協力してくれる、心配してくれる方への思いですね♪
    見習いたいと思いました。

    次のブログも楽しみにしています。

    • 管理者 より:

      コメントありがとうございます!
      入院は高額医療制度も使えますし、医療保険に入ってればそれも使える可能性ありますよ!

      断酒が続いてるのは意志が強いんじゃなく、素直に治療に取り組めたからだと思ってます。入院しなかったら今頃死んでますね。。

      共に頑張りましょう!!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【アル中病棟日記03】久里浜医療センター入院生活3日目

ドコモ口座キャッシュゲットモール アル中病棟日記記事一覧はコチラ 2018年6月29日 7:00ごろ 起床 周りが気になり過ぎて殆ど寝られず。何か対策を考えないと。 7:40 朝食 米240g・味噌汁 …

【アル中病棟日記01】久里浜医療センター入院生活1日目

ドコモ口座キャッシュゲットモール アル中病棟日記記事一覧はコチラ 2018年6月28日 本日から3か月の入院。 途中駅で母と合流。バスに乗って病院へ。 ついに来てしまった。 オーシャンビューで景色は最 …

【アル中病棟日記07】久里浜医療センター入院生活7日目

ドコモ口座キャッシュゲットモール アル中病棟日記記事一覧はコチラ 2018年7月4日 6:40 起床 本当に朝起きられない。遅く効く睡眠薬なのだろうか・・・ 8:00 朝食 米240g・みそ汁(玉葱油 …

【アル中病棟日記09】久里浜医療センター入院生活9日目

ドコモ口座キャッシュゲットモール アル中病棟日記記事一覧はコチラ 2018年7月6日 7:00 起床 やっぱり目覚めが悪い。あれだけ昼間寝たのに寝つきは良かった。 7:45 朝食 米240g・みそ汁( …

【アル中病棟日記10】久里浜医療センター入院生活10日目

ドコモ口座キャッシュゲットモール アル中病棟日記記事一覧はコチラ 2018年7月7日 7:00 起床 昨日はなかなか寝られなかった。隣の部屋のオッサンがうるさい。 8:45 朝食 米240g・高野イン …