ヘルスケア 断酒NEWS

「減酒」外来で受診のハードル下げる – CBnewsマネジメント

投稿日:2018年10月23日 更新日:

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク

アル中病棟日記記事一覧はコチラ

今回から、「断酒NEWS」というカテゴリーを作ってみました。
色々な記事を書いてきましたが、結局ココに絡む内容が多くなってきました。
とりあえず、大きく分けて下記4つの大カテゴリーで記事を書こうかなと思っております。

1.アル中病棟日記
⇒入院中の日記の書き起こし。90話くらいで終わります。再入院しなければ・・・

2.断酒日記
⇒断酒中(現在)の日記。上記同様、断酒が続く限りエンドレス。

3.断酒NEWS
⇒お酒絡みのNEWSを取り上げて解説をします。随時更新。

4.その他
⇒上記3つのカテゴリーに入らない記事。

今後「その他」が盛り上がってきたらカテゴリー増やすかもしれませんが、当面これでやっていきますのでお付き合いくださいませm(_ _)m

そんなわけで、第一弾はコチラの記事を取り上げます!

スポンサードリンク

「減酒」外来で受診のハードル下げる – CBnewsマネジメント
国立病院機構久里浜医療センター(神奈川県横須賀市)では、昨年4月から「減酒外来」を始めた。一気に酒を「断つ」のではなく、「減らす」ことを目標に、受診のハードルを下げることが狙いだ。

スポンサードリンク

早速目次です。

<目次>

1.「減酒外来」の狙いとは?

2.「お酒で通院」をもっとPOPに

3.「節酒自助グループ」の失敗

4.まとめ

スポンサードリンク

1.「減酒外来」の狙いとは?

という事で、私も良く知っている、湯本先生が取材を受けてらっしゃいます。

この「減酒外来」ですが、意図としては、
「依存症予備軍や、自分が依存症と認められない人を呼び込む策」
という風に思われます。

残念ながら、依存症と診断されてしまうと、「断酒」以外に道はありません。

私自身も、仕事中に飲んでしまう・・・という状態までは至りませんでしたが、
「飲み始めると酩酊するまで飲んでしまう」
という事が常となってしまい、断酒しかないという状態まで来てしまいました。

私の知り合いにも、とにかく飲み始めるとずーーーっと飲んでいて、ほぼ毎回記憶をなくしている・・・なんて人も結構います。
こういう人たちは近い将来、体に異常をきたしてしまうのだと思います。

そうなる前に・・・という事ですね。

スポンサードリンク

2.「お酒で通院」をもっとPOPに

私もお酒について色々と勉強をしましたが、どう考えてもタバコよりも依存性は高いです。
しかしながら、タバコのような規制はされず、「ストロング系」と呼ばれる強いチューハイのCMがガンガンされているのが現状です。

*その辺の詳細はコチラの記事あたりを・・

そんな環境だからこそ、もっと軽い気持ちで病院に通える環境を整えて欲しい・・・と思う訳です。
「禁煙外来」は割と軽い感じでいけますよね?なので、そういうのが理想です。

スポンサードリンク

3.「節酒自助グループ」の失敗

「節酒か断酒か」という話題になると必ず出てくるのが、アメリカで起こった、「節酒自助グループ」の失敗です。
アメリカで「節酒」を提唱していた女性が、飲酒運転で死亡事故を起こした。という事件です。

 問題飲酒者のための自助グループ、Moderation Management (通称MM、日本語にすると節酒統制というほどの意味)の創始者、オードレイ・キシュライン(Audrey Kishline, 43歳)が、2000年3月25日(土曜日)、アメリカの州間高速道路で飲酒運転衝突事故を起こした。

 主婦で2人の子持ち、Woodinvilleの住人、キシュラインは、この日、1992年製フォード小型トラックを運転し、ワシントン州、Cle Elum付近でインターステート90の東向き一方通行道路を西向きに逆走していた。そして午後6時頃、Bellevueの電気技師、リチャード・デイビス(Richard D. Davis, 38歳)の運転する1982年製ツードアのドッヂ車と正面衝突した。

  リチャードと、同乗していた娘ラシェル(LaSchell)の二人は即死した。ラシェルは 12歳になったばかりで、自宅のベッド周りにはまだ10日前の誕生日パーティーの飾り物などが残されたままだった。

 州警察官によれば、キシュラインのトラックには、ウォッカの飲みかけの瓶と抗不安薬、アルプラゾラム(日本なら、商標名コンスタン、ソラナックス)の容器があった。キシュラインは、Spokane に向かっていたようだが、その理由および逆走の理由は本人自身にも不明であるという。キシュラインは、3月25日当日、この死亡事故の直前にも、他の車と接触事故を起こしながら、当て逃げをしていたとされる。彼女は、この土曜日、午後の大部分を飲みつづけ、夕方ブラックアウト状態のまま、100マイル(160km)以上も運転していた。

 事故の1時間余り後の採血で、キシュラインの体内からは、ワシントン州法定制限濃度の3倍以上の血中アルコール(0.26BAL)が確認された。
引用元:【節酒自助グループ、MM創始者の飲酒運転事故】

この事件の結果、「やっぱり節酒はダメ。断酒しかない。」という結論になり、今のアルコール治療の根幹となっています。

しかし、あくまで彼女の場合は、「重度のアルコール依存症患者」だったという事を忘れてはいけません。
依存症になる手前の方、片足突っ込んでいる方、依存症だけど軽度の方は、もしかしたら引き返せるかも・・・という考えもあるのです。

スポンサードリンク

4.まとめ

しかし、最終的に「どこまでは節酒に戻れて、どこからは断酒じゃないとダメか」という線引きは曖昧です。
定量的な指標ではなく、アンケート形式の定性的な指標しかありません。
現在の医学では、「アルコールの問題があるなら、飲まないのが間違いない」という所に落ち着けるしか無いという訳です。

後は本人の意思ですが、私個人としては以下のように考えます。

「お酒(飲酒)の好きな所はどこ?」
1.味が好き(料理がおいしくなる)
2.ほろ酔いで楽しくなるのが好き
3.酔っぱらってわけがわからなくなるのが楽しい
4.酔っぱらって気絶するように寝るのが気持ちいい
5.酔っぱらうと嫌なことが忘れられる

このテストの「3から5」に当てはまる人は、恐らく断酒しないとダメなタイプです。
*僕は完全に当てはまります。
お酒が「潤滑油」ではなく、「依り処」になっちゃってますよね?

ココに当てはまるなら、きっぱりお酒は止めましょう!
今は大丈夫でも、近い将来に必ず身体や精神に異常が出てきます。

迷うようなら一度減酒外来の受信を考えてみてはどうでしょうか???

本日は以上です!!

ランキングに参加しています。
↓こちら↓クリックして頂けると嬉しいです!!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

-ヘルスケア, 断酒NEWS

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【続々報】やっぱりか!!吉澤ひとみはひき逃げ前にストロングと焼酎を飲んでいた!!?

スポンサードリンク 前回の記事はコチラ 【続報】吉澤ひとみはアルコール依存症(アル中)か、真剣に分析してみる はい。あまり引っ張るネタではないかもしれませんが、 お酒の飲みすぎに警鐘を鳴らしている一人 …

低気圧で頭痛が・・気象病に対処する5つの方法!!

スポンサードリンク  長い梅雨が続く毎日ですが、皆様いかがお過ごしですか?ワタクシは折角購入したバイクにも乗れず、日々悶々としております。 とりあえず撮影会w#バーグマン125 pic.twitter …

AAAリーダー浦田直也さん飲酒暴行で逮捕|反省の色なし?依存症なのか?

ドコモ口座キャッシュゲットモール  また飲酒絡みのニュースが入って来てしまいました。人気グループAAA(トリプルエー)のリーダー、浦田直也さんが女性に暴行を加えたと言う事で逮捕されてしまいました。   …

ZIGGYボーカルの森重樹一さん アルコール依存症を告白 AAも通っているそう d141

アル中病棟日記記事一覧はコチラ スポンサードリンク 皆様こんばんは。 今日はコチラのNEWSより。 ZIGGY森重、アルコール依存症の恐怖語る「今でも1滴でも飲むと…」 ロックバンド・ZIGGYのボー …

禁酒の方法は?薬で止められる?抗酒薬・レグテクトの違いについて

スポンサードリンク 大酒呑みなら誰もが一度は考える。 「禁酒」 しかしながら、 「今日は〇〇だから・・」 「休肝日を作ったから・・」 などと理由をつけては飲んでしまい、 なかなか上手くいかないのが実際 …