断酒NEWS

ピカチュウだかデカ酎だか知らんけど・・サンガリア勘弁してくれ

投稿日:2018年10月26日 更新日:

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク

アル中病棟日記記事一覧はコチラ

断酒NEWS第2弾はコチラ

本日100円ローソンで見つけてしまいました。
その名も・・・

デカ酎

どこかのポケモンみたいな名前ですが、コイツはたちが悪い。

以前も記事を書かせて頂きましたが、昨今ストロング系礼賛が続いており、
アルコール度数の高いチューハイが非常に人気を得ています。

コチラのデカ酎はアルコール度数が8%と、ストロング系よりは低いものの、
容量は700mlもあります。名前の通りデカいです。

以前の記事はコチラ
ストロング系チューハイがアルコール依存症を増やす?12%の商品も登場!気を付けないといけない点は?
【断酒110日目】日本酒までストロング!?ストロングだらけの世界に負けるな!!
【注意!】チューハイ 「99.99」が危険!!チューハイ版「上善如水」と話題に!

完全に危ないやつです。本当に注意しないと、依存症まっしぐらになってしまう可能性がとても高い!!

よーくメーカーを確認してみると、あの12%チューハイを創っているサンガリア製という事が判明しました。
サンガリア+ローソンのコンビは、度数の強いアルコールに力を入れてますね。

断酒者の敵!!

勿論当事者の飲み方次第ではありますので、商品が悪い訳ではありませんが、特にお酒の強い人は本当に注意が必要です。
何度でも言いますが、アルコール摂取量の基準は

「1日20g」

です。(女性はこの半分といわれています)

デカ酎を一本飲むと、アルコールの摂取量は56gです。
「3倍飲んだらアウト」と言われていますので、ほぼアウトです。

色々とデカ酎の記事を見てみると、

「俺にはこの位の量と度数が必要」
「ストロングより優秀。まじ逸材」

等という記事が散見されます。

マジで危ないから本当に気を付けて欲しいです。

アルコールの依存性は、コカインヘロインに近いものがあると言われています。
現在日本で売られているモノの中でも、本当に危険であるという事を認識した上で飲まないと、
あっという間に依存症。日常生活に支障が出てきてしまいます。

「仕事中飲んだりしてないし」
「二日酔いになるくらい普通でしょ?」

と思っているアナタ!実は依存症は思っている以上に近くにいます。

「今日は辞めとこうと思ったのに飲んじゃった」
「飲んでたら楽しくなっちゃってついつい飲み過ぎた」

という経験のある方は、「コントロール障害」の恐れがあります。
そうなってしまうと、回復方法は断酒しかありません。

日常にこれだけ酒が浸透している中、断酒を続けるのは相当な覚悟が必要です。
*経験者が言っています。間違いありません。

そうなる前に、ストロング系には手を出さない!!

お酒は量を守って適量に!!

本日は以上です!!

ランキングに参加しています。
↓こちら↓クリックして頂けると嬉しいです!!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

-断酒NEWS

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

お酒に強い基準は?肝臓の強さは4パターンある!

スポンサードリンク 「アイツは酒が強い」 「強靭な肝臓の持ち主だ」 という方から 「飲むとすぐに赤くなる」 「飲み会の次の日はいつまでも酒臭い」 という方まで、お酒の強さは千差万別です。 実は・・・ …

参勤交代?台風で電車が止まっているのに駅に向かうサラリーマンの悲哀

スポンサードリンク 本日はこちらの記事からです。 台風影響 交通機関 徐々に運転再開も混乱続くJR津田沼駅 午前11時過すぎの映像です。長い列が出来ていました。(千葉県習志野市)https://t.c …

【断酒114日目】ゆずと断酒と美人看護師

スポンサードリンク アル中病棟日記記事一覧はコチラ 日付が変わって断酒114日です。 昨日は退院してから初めての外来通院で、3週間ぶりに古巣(?)の病院に行ってきました。 そんなわけで本日の断酒日記で …

【断酒113日】断酒とSNSとブログと仲間たち

スポンサードリンク アル中病棟日記記事一覧はコチラ 本日は「断酒におけるSNSやブログの役割」について書いていきたいと思います。 賛否両論あるようですが、私にとっては非常に役に立っておりますのでその辺 …

女性のお酒の適量は?男女差はあるの?依存症になりやすいのは?

本日は、「アルコールの男女差」について紹介したいと思います。 平成以降、女性の社会進出(既に死語ですね)が進み、男女問わず「付き合いの飲み会」に参加したり、 「女子会」という名目で、女性だけで飲み会を …