メンタルマネジメント 断酒日記

もうすぐ断酒6か月&社会復帰3か月 ここまでの軌跡について

投稿日:

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク

アル中病棟日記記事一覧はコチラ

断酒したい・・・と思っていても、なかなか上手くいかない方も多いと思います。
私もそうでした。しかし、体調・精神の悪化から入院。断酒せざるを得ない状況となり、本日まで約半年ほど断酒が続いています。

「お酒のない人生なんて考えられない」

そう思っていた私が、どうやって断酒を続けるに至ったのか、その過程についてお話ししたいと思います。
お酒をやめよう・・・と考えている方、参考にして頂けたら嬉しいです。

スポンサードリンク

0.断酒前のワタシ

当ブログにて「アル中病棟日記」という連載をやっていますが(最近更新してないけど・・・)
その第0話として、私の今までの酒経歴を記載しています。
記事はコチラです。

兎に角、酒に頼った人生を歩んでいました。
仲良くなるにはまず飲みに行って・・・という感じだったので、周りには酒好きばかりが集まります。
大人になってからそんな中で生きてきたので、お酒のない交友関係というのは殆どありません。
大量に飲んで記憶をなくしたり、ケガをしたりする事もしばしばありましたが、大きな問題を起こす事はありませんでした(多分)。

しかし転職に失敗した辺りから様子がおかしくなります。
お酒を飲めば嫌な事も忘れられるので、とりあえず寝る(倒れる)まで飲みます。
当然悪循環に陥り、心身ともにボロボロになっていきます。

限界になった私は職場を放棄。その後両親に救助され入院する事となりました。

スポンサードリンク

1.最初の1か月は病院に缶詰

日本でも有数のアルコール依存専門の病院に入院する事となります。
正直、『終わった』と思いました。

入院期間は3か月ありましたが、最初の1か月は身体の治療という事で病院に缶詰です。
何もできず安静にするのみ。散歩は出来ますが、30分以内に戻らないといけません。
*末期の方々は病院から逃げ出して、近所の商店でお酒を買って飲んでしまう事もあるんだとか。

やる事もなく悶々とする毎日ですが、当然お酒には逃げられません。
離脱(禁断症状)を抑える為に、精神安定剤と睡眠導入剤を飲んでいました。
この効果のお蔭か、段々と状態は良くなってきます。

そして、毎週面会に来てくれる両親の支えもあり、徐々に自分を取り戻していきます。

スポンサードリンク

2.2か月目・3か月目は外出も出来た

2か月目から病棟が変わり、断酒の為の訓練が始まります。
ほぼ毎日何かの治療があり、規則正しい生活が強制的に出来るようになります。
また、ここから外出も出来るようになり、かなり自由度が増しました。

ここで再飲酒してしまうかたも沢山いました。
土日で外出だったのですが、みんな連れ立って居酒屋に行ったりしていたようです。
日曜日は飲まずに過ごせば、病院に変えるときには酒が抜けてるからという事です。
・・・何しに病院に来てるんだか・・という感じだったので、そういう人たちとはなるべく距離を置きました。

同じ時期に入院した方々とグループになって治療を進めるのですが、幸い私の同期は真面目に治療をする人が多く、
自分たちにしっかりと向き合って、今後どうやって酒の無い人生を送るべきか・・・という事を考える時間を作る事が出来ました。

スポンサードリンク

3.社会復帰して誘惑に勝つ

そして退院。翌日から早速出勤し、丁度その時期から始まるプロジェクトに参加する事になります。
ほぼ全員初対面だったので、「お酒が飲めない」という事で通す事が出来ました。

今までの私の関係値構築方法は、「飲んで騒いで意気投合」という方法しかありませんでしたが、これからはそのメソッドは使えません。
しかも全国出張があります。ご当地の美味しい食べ物があれば、そこにお酒がついてくる・・・
私が入院中に「気を付けるべきシチュエーション」として挙げていたのが「出張(移動中と出張先での食事)」がすぐに来てしまいました。

しかし退院直後、油断する前に体験できたことで回避する事が出来ました。
そして飲まなくても意外と大丈夫だという事。飲まない人とのコミュニケーションは、飲まない方がやりやすいという事・・・
こんな当たり前の事に気づく事が出来ました。

お酒を飲まない同僚から、
「Marcさんはお酒飲まないから、気を遣わなくて楽なんだよねーー」
と言われたのが衝撃的でした。

呑兵衛のままだったら絶対に言われない言葉です。

「酒飲みの気持ち」「飲めない人の気持ち」
両方理解できるオレ最強!!!と思えるようになったのは本当に大きな経験でした。

スポンサードリンク

4.断酒から忘酒へ

そんな感じで全国津々浦々へ出張していますが、全く飲みたいとは思わず過ごせています。
北海道でサッポロビール、鹿児島で芋焼酎・・・というシチュエーションもありましたが、全然でした。

「私は飲まない人間」というマインドコントロールが染み付いてきたのでしょう。

そして、今まで毎日見ていた「断アルコール」アプリを殆ど見なくなりました。

↓これ

「お酒を飲みたいのを我慢しなきゃ」
という状態から
「お酒の存在を忘れてた」
という状態になりつつあるんだと思っています。

私はこの状態を
「忘酒」
と呼んでいます。

「嫌よ嫌よも好きのうち」と言われている通り、「やめなきゃ」と思っているうちはお酒が意識の中心にあり、それを避けようとしているという事。
「私には関係ない」と思い、やめている事さえ忘れてしまう「忘酒」こそがアルコール依存症者の到達すべき状態ではないでしょうか??

スポンサードリンク

5.まとめ

長くなりましたがまとめです。
私はお酒とサヨナラした事で、心身ともに健康で、充実した毎日を送っています。
「人生の最良の友」と思っていたお酒でしたが、実は違いました。
手放してみれば意外と大した事はありません。お酒のない人生も良いものです。

いま心身に問題があり、お酒を辞めたいと思っている方にメッセージです。

「あなたが思っている程、お酒なしの人生は辛くない。」

辛いのは単純に依存しているからというだけです。
悩んでいる方、新しい人生を切り拓くチャンスかもしれません。
是非ともお酒の無い生活にチャレンジしてみてください!!!

↓この本もとても参考になりました。飲酒だけでなく、さまざまな習慣を変えるヒントが満載です。

ランキングに参加しています。
↓こちら↓クリックして頂けると嬉しいです!!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

-メンタルマネジメント, 断酒日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ネグレスト?ネグレクト?違いについて調べてみた|

ドコモ口座キャッシュゲットモール  「ネグレクト」あまり聞きたくないフレーズですが、昨今頻繁にニュース等で耳にします。この言葉について色々と調べていると、似たような言葉で「ネグレスト」というのが出て来 …

【断酒174日目】断酒5か月で起こった5つの心身の変化について

スポンサードリンク アル中病棟日記記事一覧はコチラ 前回の記事では、もうすぐ6か月経過する、私の断酒の軌跡についてお話をさせて頂きました。 今回は、実際に私に起こっている変化についてお伝えしたいと思い …

元マラソン選手が万引き|原裕美子さんの病気 窃盗症(クレプトマニア)について

アル中病棟日記記事一覧はコチラ いつものように朝の「スッキリ!」を見ていると、ショッキングな内容を放送していました。 有罪判決の元マラソン・原裕美子被告「批判は覚悟」でTV生出演「真実伝えなければ…」 …

ブログのタイトルを変更した話|ご利用は慎重に・・・

ドコモ口座キャッシュゲットモール  さてさて、3月のレビューの記事にて少し触れましたが、3月にブログのタイトルを変えました。 ブログのサブタイトルをメインにして、「Danshine|断酒で輝こう!」と …

中古スマホを下取りしよう!楽に売れるサイトはコチラ!古いのも高く売れたよ!

ドコモ口座キャッシュゲットモール ++  ワタクシはいわゆる「ガジェット」が大好きな人間でして、スマホやらタブレットやらをたくさん所有していました。しかし気がつきました。 「持っていても意味ない」 気 …